« hpのプリンタのインクカートリッジをAmazonで発注しました | トップページ | Ubuntu boxのメモリーを16GBにしました »

2012年1月14日 (土)

Ubuntu BoxのCPUとM/BとPCケースを交換しました

そもそも昨年M/Bが逝かれて急遽調達したASUS M4A88T-M LE、安かったからとよく調べず買ったのでメモリースロットが2つしか無くメモリーを最大8GBしか積めない。それで8GB積んでUbuntu上のVirtualBoxのゲストOSのWindows7 Professional 64bit版にメモリーを4GB割り振っていたのだけれど、ゲストOSにメモリーをもっと割り振れるといいなと思っていました。それである日プツッとして、ASUS M5A97 EVOを買ったのでした。これはメモリーを最大32GB積めます。しばらく買っただけで満足していたのだけれど、そもそもM4A88T-M LEはuATXで使っているPCケースもuATX。M5A97 EVOはATX。まあuATXのPCケースは使い勝手もあまり良くないし、これを機会にミドルタワーケースを買おうと思っておりました。

年明けにミドルタワーケース、Antec SOLO IIを購入。そしてCPU。今使っているのはAMD Phenom II X4 955で今の使い方では性能は足りているのだけれど、まあ株分けという事で新しいCPUを買っとこうと。ただM5A97 EVOはソケットAM3+なのだけどなにせBulldozerが残念なことになっている。AMD Phenom II X6 1065Tが随分安くなっていたので購入。HDDや光学ドライブ、メモリー8GB、グラフィックボードNVIDIA GeForce GT 430はこれまでの使ってきた物をそのまま使うという事で、今日ようやく組み上げました。

Ubuntu 11.10 amd64版が導入されているHDDをそのまま使ったのだが、何も問題なく新しいM/B上で動いています。CPUが4コアから6コアになった効果はUbuntuそのものではよくわからないけれど、VirtualBolのゲストOSのWin7 Proにはこれまで2コア割り振っていたのを3コア割り振りまして、なかなか良さげです。Windows エクスペリエンス インデックスは下記。グラフィックスがダメダメなのはゲストOSだからしょうがないし、実用上も3Dグラフィックス特に必要としているわけではないので問題なく。後はメモリーを今後増設していけば幸せになれるんだろうなあ。8GBメモリーモジュール2枚組も1万円を切るようになってきたからねえ。

残ったAMD Phenom II X4 955やASUS M4A88T-M LEやuATXケースはと言えば。まあまた苗床として1台生えてくるでしょうね。

« hpのプリンタのインクカートリッジをAmazonで発注しました | トップページ | Ubuntu boxのメモリーを16GBにしました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu BoxのCPUとM/BとPCケースを交換しました:

« hpのプリンタのインクカートリッジをAmazonで発注しました | トップページ | Ubuntu boxのメモリーを16GBにしました »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSence

  • バナー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ