« ハガレン4巻読んだ | トップページ | 萌えの心臓 »

2010年1月20日 (水)

twitterには活気があった頃のNIFTY-Serveを思い出させるものがある

twitterが落ちてると平和だな。つーか、twitterのサーバはよく過負荷で落ちるな。

うちにいる時間が長いと、twitterクライアントを立ち上げっぱなし。昔、mixiに活気があった頃の様に。面白いと思うのは、twitter上で形成されるコミュニティは現在のmixiのコミュニティとも2chのコミュニティ(笑)とも性格が異なること。twitterユーザーはインターネットのオープンで自由な空気によく馴染んでいる。空気が澱まない。mixiも2chもクローズドだから、どうしても空気が澱むことがある。もちろん逆にmixiも2chもクローズドだからこその居心地の良さもあるのだが。

twitterには活気があった頃のNIFTY-Serveを思い出させるものがある。立ち上がった当時のmixiも思い出したりして。ユーザーネームと実際のユーザーがきちんと1対1で結びついている。自分の発言は自分に責任がある。そういうのがいいなあ。2chは2chだからあれだが(笑)、mixiの停滞感はもうケータイのみのユーザーが流れ込んできた時点で何だかなあという感があり。昔のNIFTY-Serverや立ち上がった当時のmixiの、ユーザーが繋がっていく感じを今はtwitterに感じている。もう5年経ったら、また別のサービスに首まで浸かっているのかもしれないなあ。

« ハガレン4巻読んだ | トップページ | 萌えの心臓 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: twitterには活気があった頃のNIFTY-Serveを思い出させるものがある:

« ハガレン4巻読んだ | トップページ | 萌えの心臓 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSence

  • バナー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ