« ssh -X で日本語入力 | トップページ | 英語配列キーボードのノートPCが欲しいものです »

2009年3月15日 (日)

テレビ屋さんにはまったく失望させられるよ

日本テレビの『たけし×NASA50年 今夜解禁! 初公開映像 人類は宇宙を目指した奇跡の挑戦! 完全実写SP』を観ていたのだが、途中で呆れて観るのを止めた。
もちろん、記録映像は興味深かったのだけど。
私が呆れたのは、宇宙船間のランデブーとドッキングの困難さを視聴者にイメージさせるのに、サーキットを高速で走行する自動車間のランデブーとドッキングを例示したこと。宇宙船間のランデブーとドッキングを実現するには、同一軌道に乗ってしまえばロケットを噴射し続ける必要はない。微小の加減速で相対距離を調節していけばよい。一方自動車間でランデブーとドッキングを実現するには、まずアクセルを踏み続けて速度を一定に保った上で、さらにアクセルの踏み込み量を調節しなければならない。路面との摩擦、大気の抵抗等を踏まえて実現しなければならない。
二者で困難さを支配している物理現象が異なるのに、一方を他方の例示とするのはそこで起こっている現象を理解していないからだ。そういう映像を無自覚に流すテレビ屋さんにはまったく失望させられた。

« ssh -X で日本語入力 | トップページ | 英語配列キーボードのノートPCが欲しいものです »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビ屋さんにはまったく失望させられるよ:

« ssh -X で日本語入力 | トップページ | 英語配列キーボードのノートPCが欲しいものです »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSence

  • バナー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ