« 『BEST FICTION』を買った | トップページ | デル、ミニノートパソコン「Inspiron™ Mini 9」を発表 »

2008年9月 3日 (水)

Ubuntuサーバー版の謎の振る舞い

ヤフオクでML115の純正メモリを落札して今日届いたので、早速取り付けてみました。
ML115にはUbuntu 8.04 LTS サーバー版 AMD64版をインストールしてあったのですが、これまで搭載していたメモリ量は買ったままの512MB。それが倍の1GBになったわけですが。
512MBでは使用メモリ量はギリギリの500MBで、簡単にスワップしていました。それを1GBにしたら、使用メモリ量が逆に98MBと大幅に減ってしまった。
何故?
まあ心なしかsshでログインしてのレスポンスも早くなったし。満足しております。

ちなみにSwap領域はUbuntuのインストールCDでml115を起動して、端末からgpartedを立ち上げてサイズを変更しました。

« 『BEST FICTION』を買った | トップページ | デル、ミニノートパソコン「Inspiron™ Mini 9」を発表 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuサーバー版の謎の振る舞い:

« 『BEST FICTION』を買った | トップページ | デル、ミニノートパソコン「Inspiron™ Mini 9」を発表 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSence

  • バナー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ