« 事件の重大性は主観に左右される | トップページ | SFファンの骸 »

2008年6月13日 (金)

ML115にUbuntu 8.04サーバー版をインストールしたよ

HPのPCサーバML115を私は代引き手数料込みで14,170円で購入した。CPUがAMD Athlon64 3500+(2.2GHz)、メモリが512MB、HDDが80GBでこの値段なので激安である。これに、フリーであるUbuntu 8.04サーバー版をインストールし、sshdとSAMBAを動かしている。ディスプレイはセットアップとSSH SERVERのインストール時に使っただけで、あとはUbuntu 8.04のデスクトップ版からsshdでリモートログインしてセットアップ。当然、全てCUI。
Linuxクライアントから市販のNASにアクセスすると日本語ファイル名が文字化けしてしまうのだが、ML115については自分でSAMBAの設定をしているので、Windows PCとのデータのやりとりでファイル名が文字化けすることもなし。
動画を扱わない限りHDDは80GBで十分。iTunesのバックアップは今のところ大容量のUSBハードディスクが別にあるし。宅内サーバはまあこんなもんだろうね。容量が足りなくなったら、それこそ大容量のHDDを買ってきて付ければ良い訳だし。
安くて良いものを買ったなあと、何だかうれしい。

細かい設定のことは宅内サーバを再セットアップしました に続く。

« 事件の重大性は主観に左右される | トップページ | SFファンの骸 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ML115にUbuntu 8.04サーバー版をインストールしたよ:

« 事件の重大性は主観に左右される | トップページ | SFファンの骸 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

Google AdSence

  • バナー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ